労働 安全 衛生 法 に 基づく ストレス チェック 制度 実施 マニュアル。 ストレスチェックとは? 実施方法、義務化の背景、罰則の詳細(労働安全衛生法)

ストレスチェック等の職場におけるメンタルヘルス対策・過重労働対策等|厚生労働省

労働 安全 衛生 法 に 基づく ストレス チェック 制度 実施 マニュアル

なんとなくイメージできるという人も多いのではないでしょうか。 導入準備として社内担当者が実施方法の作成を行うと同時に、労働者に対して事業者がストレスチェックの方針を説明します。 そのためには、一人ひとりの労働者自身のストレスへの気づきを促すと共に、働きやすい職場環境づくりも欠かせません。 実施事務従事者の人数についての規定はありません。 なお、安衛法(第66条の10)に基づく面接指導の実施状況については、労働基準監督署への報告の必要があります。 ・ストレスチェックの結果をもとに、解雇や配置転換等、貴殿の不利益になるようなことは一切いたしません。 引用元: 上記でも記載されているように、ストレスチェックを受検させる労働者かどうかの基準は、一 般定期健康診断の対象者と同様と考えるとわかりやすいかもしれません。

次の

ストレスチェック等の職場におけるメンタルヘルス対策・過重労働対策等|厚生労働省

労働 安全 衛生 法 に 基づく ストレス チェック 制度 実施 マニュアル

なお、海外の現地法人に雇用されている社員には日本の労働法規が適用されないため、ストレスチェックを実施する義務はありません。 職場における当該労働者の心理的な負担の原因に関する項目• したがって、例えば週1回しか出勤しないようなアルバイトやパート労働者であっても、継続して雇用し、常態として使用している状態であれば、常時使用している労働者として 50 人のカウントに含めていただく必要があります。 労働者のメンタルヘルス不調を未然に防止• テストベンダー 安価でストレス簡易調査票を提供してくれるところもあるようですが、結果作成や集団分析にサービスを限定させるところも。 ストレスチェックは、• ストレスチェックを受検する労働者は、健康診断の対象と同じで、契約期間や労働時間の規定がある。 1 産業医の職務 社内規程において、実施者、実施事務従事者、面接指導を実施する医師を明示する目的は、労働者の個人情報であるストレスチェック結果等を具体的に誰が取り扱うことになるのかを明確にすることにあります。

次の

事業者のためのストレスチェック制度の進め方

労働 安全 衛生 法 に 基づく ストレス チェック 制度 実施 マニュアル

産業医とは、事業場における労働者の健康管理などについて、専門的医学知識に基づき指導や助言を行う医師のこと。 「実施者」の役割 実施者がストレスチェックにおいて実際に行う仕事は、具体的には次の3点になります。 また、集団を性別で考えたり、雇用形態別で考えたりすると別の問題が見えてくるケースもあります。 注意したいのは、労働安全衛生法施行令第5条によりストレスチェックの実施が義務付けられているのは、「常時50人以上の労働者を使用する事業場」という点。 最大の目的は、労働者のメンタルヘルス不調を未然に防止すること。 ストレスチェックの結果は、そのまま印刷したりPDFに保存してメールすることが可能です。

次の

【図でわかりやすく説明】ストレスチェックの運用

労働 安全 衛生 法 に 基づく ストレス チェック 制度 実施 マニュアル

これらの集団的分析を、職場環境の改善、従業員の健康リスクの早期発見のために活かし活用していきます。 ストレスチェックを行うことで、労働者本人のストレスに関する気付きを促したり、職場の環境改善をすることでより健全な環境を作り出したりすることもできますね。 「その他の厚生労働省令で定めるもの」とは、厚生労働大臣が定める研修を修了し検査のための知識を得ている「看護師」「精神保健福祉士」を指します。 ストレスチェックとは 集団分析について考える前に、まずはストレスチェックについて簡単に概要をおさらいしておきたいと思います。 (心理的な負担の程度を把握するための検査等) 第六十六条の十 事業者は、労働者に対し、厚生労働省令で定めるところにより、医師、保健師その他の厚生労働省令で定める者(以下この条において「医師等」という。 また「〇〇部」を集団として考えてみると、同じ事務系の職種でも法務部と人事部、経理部と購買部などでは業務内容が大きく異なりますので、同じような業務を行う労働者を集団として考えるようにしてください。 Q0-13 ストレスチェックの実施義務の対象は、「常時 50 人以上の労働者を使用する事業場」とされていますが、この 50 人は、どこまで含めてカウントする必要があるのでしょうか。

次の

意外と知らない!?ストレスチェック対象者の範囲について

労働 安全 衛生 法 に 基づく ストレス チェック 制度 実施 マニュアル

面接指導は、申し出があってから概ね1カ月以内に実施し、面接指導の実施から概ね1カ月以内に、面接指導を行った医師から就業上の措置に関する意見聴取を行うのです。 たとえば、• EAP機関や労働衛生機関が行うストレス制度に対応するサービス• 「50人以上の労働者」にカウントされる「労働者」 労働者が50人以上の事業場にはストレスチェックの実施義務があります。 11 面接指導対象者の要件 「仕事のストレス判定図」は、職業性ストレス簡易調査票の57項目の質問のうち、心理的な仕事の負担(量)、仕事のコントロール度、上司からのサポート、同僚からのサポートの4つの尺度(それぞれの尺度の質問数は3問)ごとの評価点の合計について、その平均値を求め、その値によって職場のストレス状況について分析する方法です。 なお、「仕事のストレス判定図」を用いて10人を下回る集団を対象として集団ごとの集計・分析方法を行う場合も、衛生委員会等で調査審議した上で事業場内の規程として定め、労働者に周知していただく必要があります。 その目的は、労働者がストレスからメンタルヘルス不調を引き起こすリスクを未然に防止すること、より働きやすい職場環境を作り出すことにあります。

次の

ストレスチェック等の職場におけるメンタルヘルス対策・過重労働対策等|厚生労働省

労働 安全 衛生 法 に 基づく ストレス チェック 制度 実施 マニュアル

保健・衛生業:83. 実施の際、参考にするとよいでしょう。 事業所へ集団分析の結果通知• ストレスで精神がボロボロな人が増え続けています。 また、ストレスチェックの結果によって解雇や配置転換がある等の不利益を被る可能性はないことを説明し、ストレスチェックの結果は本人が同意しない限り事業者側が知ることはできないことも併せて明示します。 この規定があることが、1つめの「労働者」との違いです。 ストレスチェックの目的 このストレスチェック制度では、労働者が高ストレス状態にあった場合にはストレスをため過ぎないように対応したり、医師の面接や助言を受けることにつなげたりしていきます。

次の