熊谷 市 ハザード マップ。 熊谷市と深谷市 ハザードマップ

洪水ハザードマップ

熊谷 市 ハザード マップ

また「イザという時どうすればいいか」のページも詳細に公開されています。 以下に、上記報告書から液状化の想定に関する部分を抜粋したものを掲載しています。 荒川 荒川流域の3日間総雨量548ミリメートル(200年に1度の降雨)• 危険度の数値が大きくなるほど地域の建物が受ける被害が大きくなります。 最新版をチェックしておきましょう。 ) 深谷市洪水・内水ハザードマップは、国がその浸水想定区域を公表している利根川、荒川、烏川・神流川、県が公表している小山川・福川・女堀川、深谷市独自で浸水想定区域調査を実施した、唐沢川・上唐沢川を対象河川として、これらの河川の洪水により想定される、浸水の深さを合成して表しています。 より詳細な内容について確認したい方は、上記報告書でご確認をお願いします。 指宿市防災ハザードマップ 更新日 2018年11月13日 指宿市防災ハザードマップ 防災ハザードマップは、台風や集中豪雨等による水害・土砂災害や、津波などの自然災害による被害を予測し、その被害の程度や住民のみなさんの避難に役立つ情報等を地図上にわかりやすく示したものです。

次の

指宿市防災ハザードマップ

熊谷 市 ハザード マップ

しかし、 大規模な余震の可能性は今後数年はあります。 排水しきれなくなった雨水は、道路を冠水させ、さらには床下及び床上浸水を引き起こします。 雨が降ると、雨水は下水道などを通って河川などの排水先に排水されますが、台風やゲリラ豪雨などの大雨が降った場合、排水先の水位が高くなったり、雨量が排水施設の能力を超えたりするため、雨水を排水しきれない状況が発生します。 本記事は2011年のものです。 なお、内水はん濫発生後も大雨が続くと「外水はん濫(洪水)」が起こります。 いざという時に備えて、自宅周辺の危険箇所をこの地図で確認し、避難所までの経路や適切な避難所等を書き込んでおきましょう。

次の

熊谷市内水浸水実績図(内水ハザードマップ):熊谷市ホームページ

熊谷 市 ハザード マップ

当該市町村の地震ハザードマップを御覧になりたい場合には、直接市町村にお問合せください。 (注意)このサイトに情報を公開していない市町村もありますので、ご注意ください。 それと、こんなものもあるんですね。 3) 茨城県南部地震(M7. 具体的には、「揺れやすさマップ」で示した強さの揺れとなった場合に、建物に被害が生じる程度を「危険度」として表しています。 小山川・福川・女堀川・唐沢川・上唐沢川 24時間総雨量270ミリメートル、時間最大86ミリメートル(50年に1度の降雨) 地図面では、深谷市全体の地図の中に、浸水が想定される区域と浸水の深さ、避難所、福祉施設、医療機関、浸水危険箇所、土砂災害警戒区域などを記載し、下方に、避難所一覧(それぞれの避難所の想定される浸水の深さ、浸水時の利用の可否)を記載しています。

次の

深谷市洪水・内水ハザードマップ/深谷市ホームページ

熊谷 市 ハザード マップ

被災の低減を目的に活用してください。 それぞれの河川の想定降雨量は、以下のとおりです。 最新版はこちらへ しかし、ここらへんでの生活はもう元通り。 (第5章液状化の予測16ページに「液状化のしやすさ分布図」を掲載)• また、あくまで浸水実績区域を着色したもので、地形の考慮やシミュレーションはしていません。 2,130• また、平成26年4月2日に取組を開始したのページでは、液状化可能性分布図と避難所位置図などを重ね合わせた地図を閲覧することができます。

次の

熊谷市と深谷市のハザードマップをチェックしよう【2018年】

熊谷 市 ハザード マップ

万が一、災害が発生した場合に、落ち着いて行動することができるよう活用してください。 4) 破壊開始点が北の場合 破壊開始点が南の場合 県内市町村地震ハザードマップ 地震による建物倒壊や液状化の危険度を地図上に表したものを地震ハザードマップといいます。 地図面 解説面. 「外水はん濫(洪水)」とは、河川などの水位が堤防を越えて外水が溢れたり、堤防が決壊して外水が流れ込んだりすることで冠水や浸水が起こるものです。 お住まいの市町村ハザードマップを確認しましょう。 地震ハザードマップ 洪水ハザードマップ 深谷は地域ごとにかなり詳細なマップを作成して公開しています。

次の

県内市町村地震ハザードマップ

熊谷 市 ハザード マップ

全ての浸水実績を正確に反映しているとは限らないことをご理解ください。 烏川・神流川 烏川上流域3日雨量377. 日本人は良くも悪くも「喉元過ぎれば熱さを忘れる」な民族です。 282• 浸水を 予測したマップではないことにご注意ください。 地域の危険度マップ 地域の危険度マップは、地震による揺れによって発生する建物被害の分布を、相対的に表したものです。 想定地震の断層位置図 東京湾北部地震(M7. 5ミリメートル(100年に1度の降雨)• リンク先は切れている場合があります。 そうなってくるとだんだん薄れていくのが 危機意識。

次の